インプラント治療|千葉市稲毛、京成稲毛の歯医者

インプラント治療

15年以上のインプラント治療経験を持つ医療法人裕慈会の理事長が、手術から上部構造(歯)まで一貫して行います。

インプラントは歯を失ってお悩みの方のために、入れ歯やブリッジなどに代わる治療法として開発されました。
せんげん通り歯科では、インプラント治療を従来の健全な歯を削って入れるブリッジや他の歯に負担を強いる入れ歯の治療法とは対極の治療法と捉えております。当院としましても、常に最新・最良のインプラントシステムの導入、治療法を習得し患者の皆様が安心、安全にかつ最大の効果をもたらす治療が行えるよう万全の体制を整えております。

インプラントとは

インプラントとは、口の中の審美性と機能性を追求した新しい歯科治療であり、歯の失われた部分の顎の骨の中に人工的な歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付けることで、元の歯と同じような噛む力を取り戻すことができます。

近年のインプラントの治療技術の進歩はめざましく、従来では対応の難しかった骨が少ない症例や血管や神経に近接している症例に対しても、造骨治療やCT診断など、安全性の高い治療が可能となりました。
また、場合によっては即日に仮歯まですすめられる治療法もあります。

当院のインプラント治療について

わたしたちは、インプラント治療を従来の健全な歯を削って入れるブリッジや他の歯に負担を強いる入れ歯の治療法とは対極の治療法と捉えております。
もちろん、すべての症例においてインプラント治療が有効というわけではありません。入れ歯やブリッジが有効な場合も多々あります。
基本とするところは、今現在残っている歯をいかに長持ちさせるかということで、もうこれ以上、ご自分の歯を抜かないですむような治療を行うことにあります。

インプラントと入れ歯・ブリッジの違い

残っている歯に負担を強いるブリッジや入れ歯と違い、インプラント治療は天然歯と同様、直接、顎骨に植わり顎の骨が力を負担しますので、残っている歯に負担がかからないどころか、逆に負担を少なくしてくれるという最大のメリットがあります。
よく噛める、見た目が自然で綺麗といったメリットはもちろんのことですが、それにもまして、残っている歯の負担を少なくするということが、歯の保存に最大の効果をもたらすのです。

  • ブリッジ

  • 入れ歯

インプラント治療のメリット

  • 自分の歯と同じように噛むことが出来ますので、違和感がありません。
  • 健康な隣の歯を削ったりするような処置が必要ありません。
  • 見た目も自然で、人前で口元を気にせず食事やおしゃべりを楽しむことが可能です。

こんな場合にインプラントをお薦めします

  • 奥の歯が抜けたためブリッジができない。
  • 抜けている歯の数が多くブリッジでは支えきれない。
  • 入れ歯に抵抗がある。
  • 事故などの外傷で歯を喪失した。

インプラント治療を担当する医師

インプラント治療は、せんげん通り歯科の同グループ法人の理事を務める、こばやし歯科クリニック院長の小林 裕直が行います。
詳しくは理事長ごあいさつをご覧ください。

理事長ごあいさつ

インプラント治療成功にむけて

治療の前に

インプラント治療は一般治療の延長線上にある治療で、希望されたからといってすぐに取り掛かれる治療ではありません。
基本的には患者様のお体が健康であることが前提で、全身的な疾患(糖尿病・自己免疫疾患・循環器系疾患)や、重度の歯周病などがある場合は手術出来ないことがあります。

また、インプラントを埋入する骨の状態によっても手術出来ない場合・あるいは、特殊な外科手術が必要となる場合があります。
いずれにいたしましても、初診で来院されて歯科一般治療の為の検査を受けていただき、治療計画立案は初期治療終了後となることをご了承下さい。

急がば回れ

最近は短期間でインプラントを入れることができるようになりました。それでも、安易にインプラントをすることは避け、じっくりと検査してから受けて下さい。なぜなら、いくらインプラントが成功しても、別の歯に歯周病があったり、咬みあわせが不適切であれば残念な結果になってしまうことがあるのです。

抜歯は時期を考えて

ダメになった歯を抜歯し、歯の無くなったところにインプラントをおこないますが、抜歯の時期は慎重になる必要があります。というのも、抜歯と同時に歯の周りの骨が吸収していきます。特に上の前歯は外側の骨の顕著です。

インプラントと噛み合わせ

歯の噛み合わせが重要なことはご存知の事と思います。噛み合わせから歯周病、顎関節症などお口の病気に関係するのです。インプラント治療においても、噛み合わせは非常に大切な問題です。

当院では、噛み合わせを常に考えながら、インプラント治療を行っております。

治療後も定期的なメンテナンスを

インプラント治療の後にインプラント周囲炎にかかってしまうと、せっかく埋入したインプラトを取らないといけません。ですので、インプラント周囲炎にならないように日頃のお手入れ・プロのお手入れがとても大切になります。定期的な検査やクリーニングを必ず行っていきましょう。